強いイタチ

日本にいる現在のイタチの殆どはチョウセンイタチと言われ、朝鮮半島から積荷に紛れて日本に来たと言われています。日本固有のニホンイタチより大きいため、生存競争で勝ったチョウセンイタチが殆どです。山林や畑のあるようなところを好んで生息しますが、最近では住宅密集地のような場所でも発見されており、一軒家の屋根裏などに潜り込んで住み着くことが問題になっています。ハクビシンなどと同じように猫のように大柄で主に夜行性のため、夜中にドタバタと人が歩いているように騒音を立てたり、屋根裏に糞尿などをすることで出る悪臭に悩まされることがあります。獰猛な性格のため、農家などでは、鶏などの家畜が襲われたり、また、畑などの果実を食べられることも深刻な被害となります。

先ほど述べたように、イタチは一軒家の屋根裏などに住み着くことが多く、人との生活を共存してきたとも言えます。ネズミなどを捕食してくれるので助かる反面、家に住み着くことで糞尿などが溜まって不衛生になるため、被害に遭う前に撃退する方法が必要となります。撃退方法として有効なのは、家に入れるような数センチの穴でも塞いでおくことです。既に被害に遭っている可能性がある場合は、燻煙材などで追い出して、出ていったことを確認した上で通路を塞いでしまいます。餌となるような果実や小動物、または生ゴミなどが近くにあるような場合はまた来る可能性があるので置かないようにすることで撃退できます。民家に住むことが多いため、各家庭での撃退が重要であり、それによって被害を減らすことが出来るでしょう。